フリーランス

フリーランスとしてやっていくコツ

フリーランスのライターとして活動していく秘訣とは?

フリーランスのライターになるのは比較的容易です。

フリーランスとしてやっていくと覚悟さえすれば、いつでもフリーランスになれます。

難しいのはフリーランスのライターになることではなく、フリーランスのライターとして継続して仕事をし続けていくことです。

食べていくため、家賃や光熱費をまかなっていくだけの「仕事を継続的に獲得して収入を得続けること」は、フリーランスになることよりもはるかに難しいのです。

家族をお持ちの方ななら、家族を養っていくだけの収入を確保しなければなりません。一時的ではなく一生です。

続けていくには、ライティングテクニックや取材・インタビュー技術の向上も必要ですが、クライアントと良好な関係を築いて、仕事を依頼される状態を保ち続けることが必要です。

それでは、フリーランスのライターとして続けていくには具体的に何が必要でしょうか。

もちろん、企画意図通りにポイントをつかみ、読みやすい文章、読みたくなるような文章、あるいは魅力的な見出しを書けるようになることも大切ですが、文章を書くこと以外にも重要な要素がたくさんあります。

クライアントはどうやって見つければいいのか?

どのように営業を行えばいいのか?

営業への苦手意識を克服するにはどうしたら良いか?

ライティング費用の交渉はどのように行えばよいか?

など、フリーランスとしてやっていくには、ライティング以外のことも必要です。

 

クライアントを獲得する具体的な方法

インターネットが完全に普及し、リモートワーク、テレワーク、在宅勤務が増加している今、顧客を獲得するのは以前よりもぐっとラクになっています。

昔は、営業先をリストアップして、一件ずつ電話をかけてアポイントを獲得し訪問するという営業方法しかありませんでした。

しかし、今は一通のメールで済ませることができます。

ライターを募集している広告代理店、Web制作会社、情報メディア運営会社、編集プロダクションなどにメールを送るだけで済んでしまいます。

営業メールのテンプレートを作っておけば効率も上がります。

すぐに返事がこないことも多いので、1〜2週間くらい気長に待ちましょう。

忘れたことに向こうから「一度会いませんか?」と連絡が来ることもあります。

1ヶ月以上返事がない場合は、再度メールを送ってみるのも良いでしょう。

また、クラウドワークスやランサーズといった、クラウドソーシングサービスを利用するのも1つの方法です。

手っ取り早く仕事を獲得できます。

初心者の方は、クラウドソーシングからスタートして実績を積み上げていくのが良いでしょう。

実績を積み上げていくと、「単価が上がる」「自分からアプローチしなくても仕事の依頼がくる」という状態につながります。

 

-フリーランス

Copyright© ライターカレッジ-Writer College , 2020 All Rights Reserved.