ノウハウ webライティング ライティング

書くネタに困らないネタ探しの超カンタンな方法

記事のテーマ、ネタ探しに役立つツールをご紹介

Webライターの仕事の中には、大きなテーマだけ与えられて「各記事の具体的なテーマは考えて」とオファーされることもあります。

つまり「記事のネタも作ってね」ということ。

だけど、ネタ作りなんてやったことがない・・・。

今回は、そんな方向けに「ネタ探し」のやり方についてご紹介します。

自分のブログをもっている人にも参考になると思います。

Webライターがテーマを提供する場合って、具体的にはどういうこと?

事例を挙げて解説します。

たとえば、外国人旅行者向けの情報メディアの場合。

世界中の人に日本に旅行に来てもらうことが目的のメディアなので、「日本の魅力を発信する」のがメインテーマです。

「日本の魅力を発信する記事を書いてください。内容はお任せします。まずは詳細のテーマ案を30〜50くらい作って提出していただけませんか? その中から実際に書いていただく記事を指定します」

こんなふうに記事のテーマを考えるところから原稿執筆までお願いされることがあります。

そんなときは、どうやってテーマを考えたら良いのでしょうか。

 

便利なツールを使ってネタ探しを!

「ネタ探し」「ネタ作り」は、さまざまな方法があるのですが、今回は初心者でもできる簡単な方法をご紹介します。

今すぐ無料で使える「ラッコキーワード」「keyword Tool」というツールを使うことです。

■ラッコキーワード
https://related-keywords.com

■keyword Tool
https://keywordtool.io/jp

どちらのサイトも使い方は簡単。

検索窓にキーワードを入力して虫眼鏡マークをクリックすると、よく検索される関連キーワードなどが表示されます。

ラッコキーワードで「日本の魅力」と入力すると、

日本の魅力 文化
日本の魅力 食べ物
日本の魅力 自然
日本の魅力 アニメ
日本の魅力 四季
日本の魅力 安全
日本の魅力 浅草
日本の魅力 生け花
浮世絵 日本の魅力
日本の魅力 温泉
日本の魅力 おもてなし
日本の魅力 お茶
日本の魅力 着物
日本の魅力 京都

 

日本の魅力 コンビニ
日本の魅力 交通
日本の魅力 桜
日本の魅力 再発見
日本の魅力 茶道
日本の魅力 城
日本の魅力 寿司
日本の魅力 日本食
日本の魅力 日本語
日本の魅力 富士山
日本の魅力 風景
日本の魅力 祭り
日本の魅力 伝統工芸品
日本の魅力 伝統文化


など、100以上の検索キーワードの組み合わせが出てきました。

これだけでもブログ記事のネタになると思います。

さらに、ここに出てきたキーワードを使って検索すると・・・。

たとえば「日本の文化」「日本食」といった具合に掘り下げていきます。

これを繰り返すと無限にネタを探すことができますね。

「自分のブログのネタが尽きてきた」

そんな場合にも役立ちますので、ぜひ活用してみましょう。

「ネタ探し」だけでなく、「キーワードの選定」にも役立ちます。

-ノウハウ, webライティング, ライティング

© 2022 ライターカレッジ-Writer College