ライター全般

ライター(Writer)になるには?

文章を書くことを仕事にするには?

ライターを目指す前に、実際にライターがどのような形態で仕事をしているのかを把握しておきましょう。

ライターというと「フリーランスのライター」を連想する人もいるかもしれませんが、必ずしもライターがフリーランスというわけではありません。

世の中には、会社勤めのライラーも存在しています。  Writer

■企業勤めのライター

・一般企業

・出版社や編集プロダクション

・広告制作会社

・Web制作会社

・その他

自社で頻繁に情報発信を行っている一般の企業では、様々な制作物の文章を正社員のライターが書いていることもあります。

また、契約社員や派遣スタッフが書いている場合もあります。

出版社や編集プロダクション、広告やWeb制作会社なども多くのライターが在籍しています。

「ライター募集」「ライター 社員」「ライター 求人」などのキーワードで検索すれば、すぐにいくつか見つけることができるでしょう。

検索

まったくの未経験者の場合は、「アルバイトや契約社員からライターの仕事する」という方法がお勧めです。

ライターを雇っている会社と縁を持っておくことは、フリーランスになったときにとても有利です。

良好な関係を築いていれば、勤めていた会社から独立後すぐに仕事を受注することができます。

実際にそうやってフリーランスのライターになっている人は少なくありません。

この方法は、ライターになるための王道です。

■フリーランスのライター

「ライター」と名乗ったその日からライターになれますが、名乗ったからと言って仕事の依頼がくるわけではありません。

前述しましたが、どこかの会社に勤めてライター経験を積み、実績を積み上げてから独立するのが一般的です。

しかし、経験がなくてもいきなりフリーとして活躍する能力の高い方もいます。

また、昨今ではメルマガやブログ、SNSなどで腕を磨き、即フリーライターとして活動する人も増えています。

フリーランスのライターにとって最も重要なのは、「どうやって仕事を獲得するか」です。

近年では、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングを利用して仕事を獲得する人が大勢います。

しかし、文章を書く仕事を得る方法は、ほかにもたくさんあります。

仕事を獲得する方法自体は、どのような職種でも同じです。

「どこに仕事があるのか?」を考え、アプローチすることです。

ライターへ仕事を依頼する主な会社

・出版社
・編集プロダクション
・広告代理店
・広告制作会社
・web制作会社

上記のキーワードと、「ライター募集」「外部スタッフ」などを組み合わせて検索すれば、いくつもヒットするでしょう。

ライターとして生計を立てているプロは、上記のような会社から仕事をもらっています。

ライターが必要とされる媒体

・新聞(一般紙・業界紙)
・雑誌
・フリーペーパー
・企業の広報誌
・カタログ・パンフレット
・書籍
・企業が運営しているwebサイト(SNS、blog、メルマガなどを含む)
・その他、文章が存在するあらゆる媒体

フリーペーパーは、見過ごしてしまいがちな媒体ですが、身近なところにあります。
また、DMや通販カタログの商品説明などもライターが書いています。

何気なく見ているサイトの文章もライターが書いているかもしれません。

メルマガやblog、フィイスブック、SNSなどでも多くのライターが活躍しています。

上記のような媒体でも、直接ライターを募集している場合があるので、こまめにチェックしてみましょう。

-ライター全般

Copyright© ライターカレッジ-Writer College , 2020 All Rights Reserved.