ライター全般

記事を執筆するライターの種類

Webライター、専門分野のライター、記者など、ライターの種類はさまざま

ライター(記事を執筆する人)の種類は、とてもたくさんあります。

インターネットが普及して以来、Webサイトという新しい媒体ができたことによって膨大な文章が必要になり、ライターが活躍するフィールドが広がっています。

また、ブログやSNSの普及により、文章を書く人の増加に比例し、ライター人口も増えました。

明確にジャンル分けするのが難しくなっていますが、さまざまな分野でライターが活躍していますので、整理・分類してご紹介します。

 

ライターが執筆した記事は、どこに掲載される?

ライターが執筆した記事は、どこに掲載される?

新聞・雑誌・書籍・フリーペーパー・Webサイトなどです。

「文章があるところには、ライターの存在がある」といっても過言ではないかもしれません。

 

Webライター

Webサイトの文章を書く人が、Webライターです。

統計調査を行っているわけではありませんが、もしかすると今もっとも多いのがWebライターかもしれません。

Webライターの中には、特定の分野に特化した専門ライターもいます。

また、単に文章を書くだけでなく、「検索エンジンで上位表示される工夫」や「SNSで取り上げられやすい切り口を見つけて記事を書く」など、Webマーケティングを考慮して記事を書く人もいます。

Webライターの内訳

一般的なWebライター

Webに掲載される記事を書く人。

 

専門分野を持ったWebライター

なんらかの分野に精通しているWebライターです。

雑誌・新聞記事などを執筆していたレベルの高いライターがいます。

※以下に一例を紹介しています。

 

Webマーケティングに精通しているWebライター

検索エンジンで上位表示されたり、ネット上で話題になりやすい記事や見出しのつけ方、WEBに関する基礎知識(ホームページの構成やHTML等)を理解しているWebライター。

紙媒体のライターにはないスキルを保有しています。

専門ライター

スポーツライター

サイエンスライター

医療ライター(メディカル系ライター)

美容ライター

トラベルライター

鉄道ライター

グルメ系ライター

上記のように特定の分野においては他者を圧倒する知識や経験を持っているライターが専門ライターと呼ばれます。

ライター業界は自称の世界なので誰もが専門ライターになることはできますが、専門ライターと呼ばれる人たちは、その分野について「多少知っている」程度ではなく、相当の知識を持っています。

メディカルライターであれば、医療従事者とスムーズに話ができるレベルです。現役の医師や看護師としった医療従事者などがアルバイトで執筆していることも少なくありません。

トラベルライターであれば、年中旅行に行っているような感じです。

さらに細分化すると、スポーツなら、野球・サッカー・バスケなど、たくさんの種類があります。

また、ニッチな分野におけるライターも存在してます。

たとえば温泉ライター。

旅行関係の記事を書いているうちに温泉関係の仕事が増え、気がついていみたら国内数百ヶ所の温泉に行っており、業界では「温泉についてなら、あの人に」と言われるようになった人もいます。

 

雑誌の記事を書くライター

かつては、「ライター」というと、主に雑誌の記事を書く人のことを指していました。

新聞記者

新聞記事を執筆する人は、主に「記者」と言われています。雑誌やWEBの世界でも名刺に「記者」という肩書きを印刷している人もいます。

コピーライター

広告制作に携わる専門職です。キャッチコピーやボディコピーなどを書きます。

「ライター」と「コピーライター」の仕事の目的は異なるので、厳密に言うとコピーライターは、ライターのジャンルに入れるべきではないかもしれません。

ライター=読み物を執筆する

コピーライター=広告を制作する

 

 

-ライター全般

Copyright© ライターカレッジ-Writer College , 2020 All Rights Reserved.