体験談

私のWebライティングの勉強方法をご紹介します!

ライティング初心者さんが知っておきたいスキルを向上させる方法

 

私はライティングの仕事で一度失敗しています。

何も準備せずなんとかなると甘い考えで始めたからです。

そんな私が、ライティング初心者さんにスキルを効率よく向上させる方法や、おすすめの本や講座、勉強法を紹介します。

ぜひライティングスキルの向上にお役立てください。

 

この記事を書いたのは・・・

40代・女性。先行きが見えない時代に新たな武器を身につけるためにライティングの勉強をスタート。既にライティングの仕事も始めています。

 

webライティングは誰でも簡単にできる仕事?

 

私はフリーランスでライティングの仕事をしていますが、始まりは我流。

スクールで勉強することなど全く考えていませんでした。

なぜなら自分のお店のブログやホームページをしょっ中作っており、文章を書くことに自信があったからです。

それに「簡単 副業」でネット検索したら必ず「webライティング」と結果がでてきましたし、YouTubeでもそれを裏付けるような動画が出回っていたからです。

自信がある上簡単だと聞いたので、根拠のない自信が湧いてきて、習うより慣れろという勢いでライティングの仕事を始めました。

 

ライティングの仕事獲得と、書けることは別だった・・・

 

まず仕事を獲得するために、クラウドワークスやランサーズに登録しました。

運よくその日に映画を見た感想をブログに書く仕事をゲットし、夢のライター生活が始まりウキウキしていました。

 

ですが、クライアントからマニュアルを受け取った時、私の頭は真っ白に。

 

全く読めなかったんです。もちろん日本語で書かれてありましたが、専門用語ばかりで私にはまるで宇宙語でした。

 

ターゲットを絞る?

SEOを意識?

PREP法?

知らないことばかり、私は指示書を1日中呆然と眺めていただけで、一文も書けませんでした。

 

そして初めての仕事は挫折で終わったのです・・・・・・。

 

私がライティングの基礎から勉強した講座や本の紹介

 

挫折の辛い経験から、ライティングに対する甘い考え全てをリセットしました。

記事を書くことで人の役立ちたいという思いは強く、ライターとしてやっていくには考え方を変えるべきと気づいたからです。

そして一からライティングを勉強するために、初心者でも受けることができる通信講座を探し始めたのです。

 

自分のライフスタイルなどから、スクール選びに3つの条件を決めました。

  • プロの添削があること
  • 仕事ゲットのチャンスがあること
  • 通信講座であること

 

たくさんあるスクールの中から私の条件に合った「実践webライター講座デビューコース」という通信講座を見つけ、早速受講をはじめました。

初心者でも受講できるように、記事を書く前の準備からプログラムが組まれており、文章の書き方や記事には型があるということを知りました。

全くの素人だったので、最初は文章の組み立て方に戸惑うことがありましたが、添削が丁寧でわかりやすく、ライティングをすることがだんだん楽しくなっていきました。

自分が書いた記事を添削してもらうことで、かなりライティングスキルを向上するこができたのです。

それまでの私が書いた文章は、誰が読んでも「だから何?」と疑問をもたれるものでした。

添削によって、具体例を書くことや「だからこうなのです」と結論を書くことで、記事の読みやすさや読者への伝わり方に雲泥の差がでることを習いました。

 

通信講座終了後は、udemyという動画講座を利用してさらにライティングの勉強を続けました。

私の最大の課題であったクライアントのマニュアルを理解し、記事を書けるようになるためです。

 

クライアントから出された構成案の読み方や記事の起こし方、ターゲットの設定法、情報収集の方法、最終的には自分で記事の構成までできる内容です。

 

この二つの講座でライターへの道がかなり開かれたように思います。

 

あまりお金をかけずに勉強したい方には「新しい文章力の教室」という本がおすすめです。

価格は1430円で十分に元が取れる内容です。

webライティングを始めたばかりの人や、これから始めようとしている人向けの本なのでとても勉強になると思います。

文章の組み立て方や間違いやすい言葉づかい、漢字やかなのライティングでの一般的な表記ルール、接続詞などライティングをする為のスキルが盛りだくさんです。

私はライティングの仕事を初めてからもこの本を読み直し、復習や自分で書いた記事の添削に使いながら記事を書いています。

毎日のように世の中の情報は更新されますので、読まれる記事を書き続ける為にはずっと勉強は必要ですよね。

 

 

まとめ

私がライティングの勉強をして気づいたことは、スキル向上に一番効果的なのはプロの添削が必須だということです。

自分で書いた記事に関しては、表現に違和感があったり細かな言葉づかいのミスなどは気づきにくいものです。

プロに第三者の目線で添削してもらうことで、より読者にわかりやすい記事を書くことができると思います。

私の経験があなたのライティングスキルの向上に役立てば幸いです。

-体験談

© 2021 ライターカレッジ-Writer College