副業・在宅

在宅でできる手軽な副業は、文章を書くライターってホント?

副業をしたいと思っているけれど、何をすれば良いかわからない

リモート勤務が増えて通勤時間が減った分、自由に使える時間が多くなった。

その時間を有効に使いたい。

以前から副業をやってみたいと思っていたので、今は絶好のタイミング。

でも、具体的に何をやったら良いかわからない・・・。

副業の条件は、自分の都合の良い時間にできる在宅ワーク。

YouTube、漫画、イラスト、写真、物販、せどり、アフィリエイト・・・。

だけど、面白い動画なんて作る才能はないし、キャラで勝負するタイプでもない。

絵心はゼロで写真も下手。物販とかアフィリエイトって、よくわからない。

出来るとしたら文章を書く仕事くらいかな。

 

まさにライターは、文章が書ければ誰でもできる仕事であり、副業にピッタリなんです。

ライター、Webライター、在宅ライター、呼び方はいろいろありますが、Web上の記事を書く仕事が最も多いので、ここではWebライターと表記します。

 

そもそもWebライターって、どんな文章を書くの?

パソコンやスマホで読む文章のほとんどはWebライターが執筆しています。

アプリで配信されるニュース記事やノウハウ。

Googleで検索してクリックしたときに表示されるWebサイト。

企業のホームページ。

通販サイトの商品紹介。

広告をクリックした先にたどり着いた広告ページ。

何かのジャンルに特化し、情報を発信しているメディア。

数え上げればキリがないくらいです。多種多様なWebサイトの情報をWebライターが執筆しているのです。

ジャンルも幅広く、ビジネス、経済、法律、健康、医療、科学、恋愛、ファッション、美容、暮らし、家、お金、教育、学び、趣味、エンタメ、グルメ、観光・旅行、レジャー、家電、文房具、ペットと、ありとあらゆる領域に広がっています。

 

Webライターの仕事は、どうやって取るの?

 

何らかの記事や文章を書いて欲しいと望んでいるのは、情報メディアや一般企業です。

そういった企業が直接外部のライターへ発注するパターンと、広告代理店、Web制作会社、Webコンテンツ制作会社、編集プロダクションなどを経由してライターへ発注するパターンがあります。

数名、数十名のライターに仕事を発注し、原稿チェック、修正依頼、再び原稿確認するという作業を行うのは、それなりの労力を要しますので、多くの企業やメディア運営会社は広告代理店やWeb制作会社などにライターの選定から原稿チェック、原稿料の支払いまで含めてまるっと委託します。

つまり、広告代理店やWeb制作会社などがWebライターに依頼する仕事を多数抱えているということです。

 

Webライターの主な仕事の取り方

・メディア運営会社に自分でアプローチして仕事をもらう。

・広告代理店やWeb制作会社などに自分でアプローチして仕事をもらう。

・クラウドソーシングを活用する。

 

「企業に自分からアプローチするのは、ちょっとハードルが高そう・・・」

と感じる人もいるかもしれませんね。

そんな場合は、クラウドソーシングサービスを活用しましょう。

代表的なのは、「クラウドワークス」「ランサーズ」です。

インターネット上で仕事を見つけて、契約、納品、入金までの一連のプロセスをすべて行えるサービスです。

メディア運営会社や広告代理店、Web制作会社、下請け孫請け会社などもクラウドソーシングを利用しています。

個人ブロガー、アフィリエイターも、クラウドソーシングを利用して記事執筆を依頼しています。

クラウドソーシングは手軽に始めやすいので、初心者には特にお勧めです。

 

クラウドソーシングだけで月いくらくらい稼げるの?

 

収入に関しては、費やせる時間、ライティングスピード、スキル、集中力などによって異なります。

月に数千円という人もいれば、コンスタントに20〜30万円稼いでいる人まで様々です。

クラウドソーシングだけで毎月20〜30万円を稼ぎ続けるのは、片手間では難しいかもしれません。

しかし、数百人に1人くらいは猛烈にライティングスピードが早い人もおり、副業で月20〜30万円くらいの副収入を得ることもあるようです。

初心者は、月数千円から目指し、徐々に収入を増やしていきましょう。

 

あくまでもクラウドソーシングでの事例です。本業ライターの場合は、さまざまな経路で仕事を獲得しています。

 

 

文章を書くのは好きだけど、得意じゃない。こんな私でもできる?

 

執筆する記事によっても異なりますが、専門性の高い記事や学術的なものでない限り、中学生レベルの国語力があれば十分に通用します。

文豪が書くような文章を求めらるわけではありません。

基本は、わかりやすく伝えることです。

Web記事の執筆には、ベストセラー作家並の文章力は不要です。

 

理想は、読者に興味を持って最後まで読んでもらえる文章を書くこと。

これは、ちょっとしたノウハウを身につければ、すぐに習得できます。

 

まとめ

 

読書が好き。文章を書くことに興味がある。自分のブログをやってみたい。

Webライター、在宅リライターは、そんな人にピッタリです。

最低限、文字入力ができればOK!

副業として気軽にスタートできますよ。

 

 

-副業・在宅

© 2020 ライターカレッジ-Writer College