SEO

SEOで最も大切な考え方を理解すれば、SEOなんて恐くない!

SEOの基本をわかりやすく超簡単に解説

SEOとは、簡単に言うと「検索エンジンで検索されやすい記事を書くこと」です。

検索エンジンと言えば、Google、Yahoo!、bingなどですね。

現時点で、世界中でもっとも利用されているのがGoogleです。

極端に言えば、SEO対策=Google対策です。

検索エンジン

 

つまり、「Googleで検索されやすい」=「検索結果で上位表示されやすい記事を執筆すること」がSEOの基本です。

では、どんな記事の内容だったら、上位表示されやすくなると思いますか?

わかりやすく、事例で解説しますね。

 

桃の皮をキレイに剥きたいと思った場合、

「桃の皮、剥き方」

「桃 皮 剥き方」

といったキーワードで調べるのではないでしょうか。

皮をむいた桃

検索結果の上のほうには、動画が出てきて、その下に文章で解説された記事が出てくると思います。

 

この記事を執筆している2022年4月12日現在では、下記のタイトルの記事がトップに出てきました。

「桃の美しいむき方と食べごろ<日本橋 千疋屋総本店>のプロが教えます。キウイ、マンゴー、メロンのカット方法も解説!」

 

この記事は、「剥き方」や「手順」だけでなく、「切り方」「食べ頃」なども丁寧に解説されています。

 

「読者が知りたいことは何かを把握して、それにきちんと応える記事になっている」というSEOの本質を押さえています。

もちろん、タイトルや見出しのつけ方といったテクニックも大切。

でも、本質を押さえずに、表面的なテクニックだけをやっても効果はありません。

 

読者が本当に知りたいことは何かを考える

 

「読者が知りたいことは何か」について、さらに深く追求していきますね。

「えっ? 読者が知りたいのは、桃の皮の剥き方じゃないの?」

 

それも正解ですが、実は読者が知りたいのは、それだけではないのです。

「桃の皮の剥き方を知りたい人が、剥き方以外にどんなことを知りたいのか?」

「どんなことに興味を持つか?」と、考えてみるとわかりやすいかもしれません。

 

それでは、一緒に考えてみましょう。

何か思いつきましたか?

 

桃の皮を剥こうと思っているのは、どんな人なのか? どんな状況なのかを想像してみるのです。

 

1.せっかく桃を剥くならキレイに剥きたい。

2.おいしそうな桃をもらった(あるいは買った)ので、おいしく食べたいと思っている人。

3.果物が好きな人。

などだと思います。

では、それぞれ知りたいことや、興味を持ちそうなことは何かを想像してみましょう。

 

1.せっかく桃を剥くならキレイに剥きたい。

桃の皮をキレイに剥く方法を知りたい

2.おいしそうな桃をもらった(あるいは買った)ので、おいしく食べたいと思っている人。

食べ頃を知りたい。おいしい食べ方を知りたい。

3.果物が好きな人。

桃だけでなく、剥き方が難しいフルーツの剥き方も知りたい。

マンゴーの皮むき

桃の皮の剥き方を知りたい人は、

「桃をきれいに剥きたい」
「ベストな食べ頃を知りたい」
「他のフルーツもキレイに剥いてみたい」

などを「知りたい」「興味を持つ」可能性があります。

千疋屋さんの記事は、まさにそれらをすべて網羅していました。

「読者が知りたいこと」「読者が興味を持つこと」を満たす記事は、検索結果で上位表示される可能性が高くなるのです。

 

これが、SEOの本質です。

 

まとめ SEOの本質

「読者が知りたいこと」「読者が興味を持つこと」を想定し、それに応える記事を書くこと。

 

無料
Webライティング、文章の書き方を知りたい方はWebライターを目指す人のための無料講座をどうぞ

「Webライティングの基礎講座」は無料です。   「得意とは言えないけれど、文章を書くのが好き。文章を書くことを仕事にしたい」 「まずは、副業からWebライターとしてスタートし、ゆくゆくはW ...

続きを見る

-SEO

© 2022 ライターカレッジ-Writer College