SEO

SEO対策は2人の読者を意識する

SEO対策は2人の読者を意識して推理する

Web記事を書く場合は、2人の読者を意識する必要があります。
1人目の読者は、記事を読む読者。
2人目の読者は、「クローラー」です。

SEOで意識すべき1人目の読者とは?

1人目の読者は、実際に記事を読む読者です。
実際の読者の「検索意図」を推測してキーワードを設定し、記事内に適度に盛り込みます。
と同時に「読者が知りたい内容の記事」を書くことがポイントです。

「検索意図を推測してキーワードを設定する」詳細は、ライターカレッジのブログで2つの事例で紹介しています。

SEOで最も大切な考え方を理解すれば、SEOなんて恐くない!

SEOの基本をわかりやすく超簡単に解説 SEOとは、簡単に言うと「検索エンジンで検索されやすい記事を書くこと」です。 検索エンジンと言えば、Google、Yahoo!、bingなどですね。 現時点で、 ...

続きを見る

検索エンジン
上位表示されるための記事を書くには検索意図がポイント!ブログ・アフィリエイト等のSEO対策

SEOを意識した記事執筆に欠かせない!「検索意図」を想像する 「検索意図」を理解しておくとは、Webライティングだけでなく、ブログやアフィリエイトにも役立ちますので、特に初心者の方はしっかりと理解して ...

続きを見る

 

SEOで意識すべき2人目の読者

さて、2人目の読者です。

ブログやアフィリエイトをやっている人は、ご存じかもしれませんが2人目の読者とは「Googleクローラー」です。

Googleクローラーとは、検索順位を決めるためにサイトから情報を収集するロボットです。「ロボット」「ボット」「スパイダー」と呼ばれることもあります。

Googleの検索結果は、ロボットが全世界のWebサイトを巡回して、検索順位を決めていると言われています。つまり、ロボットが判定しやすいように記事を作成すると、検索結果で上位表示される可能性が高まるというわけです。

具体的な対応策は、読者が検索しそうな「メインキーワード」だけでなく、メインキーワードに関連しそうな「関連キーワード」「周辺キーワード」を盛り込むことです。

 

【事例解説】

「主語・述語」について調べているとします。

その場合の読者の検索意図(調べようとしていること)は、

「主語・述語の関係」
「主語 述語 使い方」
「主語 述語の例文」

などが想定され、上記が検索キーワードとなります。

さらに、記事の中に関連しそうなキーワードを盛り込んでおくと検索結果が高まる可能性があります。

 

関連キーワードの見つけ方1 Google

関連キーワードの見つけ方の代表例は、Googleサジェストと、ラッコキーワードの活用です。

Googleサジェストは、検索窓にキーワードを入力すると関連するキーワードを表示してくれる機能です。

「主語 述語」と入力したら以下のような言葉が表示されました。(2023/05/31現在)

Googleサジェスト

 

関連キーワードの見つけ方2 ラッコキーワード

ラッコキーワードは、キーワードを探す際の代表的なツールです。

ラッコキーワードのバナー

https://related-keywords.com/

制限はありますが無料で使用できます。無料のユーザー登録をすると、制限が緩和され利用範囲が広がります。

ラッコキーワードの例

 

3つのポイント

  • 検索意図を推測して、メインキーワードを決める
  • ツールを活用して周辺キーワードを見つける
  • それらのキーワードを「タイトル」「見出し」「本文」に適度に盛り込む

広告

-SEO

© 2024 ライターカレッジ-Writer College