ライティング

指定された文字数通りに原稿を書くコツ

決まった文字数で書くコツ

文章量の指定には、「15字×30行」といった細かなものから「500文字前後」といったややアバウトなものなど、さまざまです。

許容範囲は、デザイン・レイアウトとの兼ね合いなどで変わってきます。

紙媒体の場合は、誌面のスペースが限られているので厳密です。

「15文字×28〜30行」かもしれませんし、「480〜550文字」までOKかもしれません。

いずれにせよ、事前に依頼主に確認することが必要です。

指定された文字数以内で原稿を書くには、最初に少し長めに書いてから短くする方が簡単です。

後から文章をひねりだして長くするよりも、不要なところを削る方が容易ですし、文章全体を引き締めることができます。

 

文章を短くするコツ

体言止めを使用する。

名詞・代名詞で終われば、数文字分文章を短くすることが可能です。

最近、私がはまっているのは、絵画を鑑賞することです。

最近、私がはまっている絵画鑑賞。

言葉を変えて短くする。

意味を変えずに、表現を変えて文章を短くします。

文章の書き方は様々ですが、人を惹きつける文章を書くには構成が重要です。

文章の書き方は様々ですが、魅力的な文章を書くには構成が重要です。

 

改行を減らす

これは、1行の文字数が指定されているときに有効な手段です。

改行を減らせば、行数を減らすことが可能です。

短くしたいけれど、文章を削りたくないといった場合にも役立ちます。

 

文章を長くするコツ

基本的は、文章を短くする方法の逆をやれば、文章を増やせます。

改行を増やす

どうしても新たな文章を書き足せない場合は、改行を多くして行数を増やすというテクニックもあります。

1行15文字指定の文章

「文章が書けない」と苦手意識を
持っている人もいますが、文章を
書くことはさほど難しくありませ
ん。面白い文章、夢中になって読
ませる小説家のような文章を書く
には修練が必要ですが、普通の文
章は簡単ですし、誰もが日常で当
たり前にやっていることを応用す
れば、スラスラと文章が書けるよ
うになります。その秘訣は・・・。
(10行)

「文章が書けない」と苦手意識を
持っている人もいますが、文章を
書くことはさほど難しくありませ
ん。
面白い文章、夢中になって読ませ
る小説家のような文章を書くには
修練が必要ですが、普通の文章は
簡単ですし、誰もが日常で当たり
前にやっていることを応用すれば、
スラスラと文章が書けるようにな
ります。
その秘訣は・・・。
(12行)

1つの文を2つの文に分ける

以下の文章は3つの文で構成されています。

「文章が書けない」と苦手意識を
持っている人もいますが、文章を
書くことはさほど難しくありませ
ん。面白い文章、夢中になって読
ませる小説家のような文章を書く
には修練が必要ですが、普通の文
章は簡単ですし、誰もが日常で当
たり前にやっていることを応用す
れば、スラスラと文章が書けるよ
うになります。その秘訣は・・・。
(10行)

全体で6つの文になりました。

「文章が書けない」と苦手意識を
持っている人は少なくありません。
しかし、文章を書くことはさほど
難しいことではないです。
もちろん、面白い文章、夢中になっ
て読ませる小説家のような文章を
書くには修練が必要です。
しかし、普通の文章を書くことは
とても簡単です。
誰もが日常で当たり前にやってい
ることを応用すれば、いとも簡単
に、スラスラと文章が書けるよう
になります。
その秘訣は・・・。
(14行)

 

文字数、文章量の確認の仕方

単純に文字数だけを数えるなら、ワードの場合、「ツール」→「文字カウント」でできます。

1行文字数と行数が決まっている場合は、ワープロソフトやテキストエディタが便利です。

1行の文字数を指定できますので、「あと何行必要か」「何行減らせばいいのか」が一目でわかります。

Winのテキストエディタとして評判がいいのがTeraPadや秀丸エディタ、Mery、Macの場合はmiです。

-ライティング

© 2020 ライターカレッジ-Writer College