webライティング ライティング

Webライター必見!誤字・誤用など、言葉のミスを防ぐ方法

誤字・誤用ゼロを目指しましょう!

 

「シュミレーション」「かたずける」「腕づく」「見れる」「お読みになられる」

 

この中で、間違った表現、不適切な表現は、どれだと思いますか?

自分のブログやSNSで情報を発信する場合は、少しくらい言葉の使い方や表現に誤りがあっても問題ありません。

それに、そもそも読み手が気にしてない、気づかないことだってあり得ます。

 

でも・・・。

 

文章を書いてお金をいただく、つまり仕事として文章を書く場合は、正しい言葉使いができないと『次から仕事を依頼するのは難しいかな・・・』『素人か!』『この人の原稿は、言葉の間違いだらけだ』『あまりにもいい加減過ぎる。もう2度と仕事は頼まない』などと思われてしまいかねません。

プロのライターとして生計を立てていこうと考えているなら、なおさらです。

言葉の使い方のミスが、致命傷になってしまうこともあり得ます。

 

言葉の使い方、表現のミス、誤字などを防ぐには?

 

冒頭の質問について、話を戻しましょう。

 

「シュミレーション」「かたずける」「腕づく」「見れる」「お読みになられる」

 

ぜんぶ誤りです。

 

×シュミレーション

○シミュレーション

 

×かたずける

○かたづける

 

×腕づく

○腕ずく

 

×見れる

○見られる

 

「シュミレーションとシミュレーション、どっちだっけ?」と気づけるなら大丈夫。

気づければ、調べて正しく使うことが可能です。

問題なのは、自分で気づけないこと。

 

先日、こんなことがありました。

「ずっと『シュミレーション』だったと思っていたんです。でも『シミュレーション』だったんですよね」

50代の方の話です。

 

誤字・表現の誤り、言葉の使い方などを調べる方法

 

最も簡単な方法は、Wordの「スペルチェックと文章校正」という機能を使うことです。

※画像はMacの画面です。Windowsの場合やバージョンによっては多少見え方が異なることがあります。
また、「Editor」という表示の場合もあります。

 

Wordで文章構成を行う方法

 

「校閲」をクリック

 

スペルチェックと文章校正をクリック

 

誤りなどを指摘してくれます。

 

誤りの場合は、修正します。

「次の文」をクリックすると、次に誤りがある語句を探してくれます。

 

簡易的な校閲ですが、ある程度の誤字・脱字のチェックが可能です。

 

日本語入力サービス「ATOK」を使う

 

「ATOK」とは、日本語入力に特化した入力支援サービスです。

日本語の文字入力をラクにするシステムです。

文字を入力しながら正しい言葉の使い方、誤りなどを指摘してくれます。

昔から、文章を書くことを仕事にしている人たちが、愛用しています。

 

 

上記のように訂正候補を知ることもできます。

 

完全に誤用を防げるわけではありませんが、自分では気づくにくい言葉の誤りを指摘してくれるので、ミスを減らせます。

-webライティング, ライティング

© 2021 ライターカレッジ-Writer College